個人事業、給与以外に収入の方はかならずやってくる季節。
「確定申告」の時期がやって来ました。

中にはブルーになる方もいるかと思います。
初めてやる必要のある方もいるかと思います。

毎年この時期になるとため息が出てしまいますが、
確定申告の時期を乗り越えれば、新しい年度に切り替わるような
晴れ晴れとした気持ちになれるのでここは頑張りたいところ。

そこで、確定申告初心者の方に向けて
確定申告の種類と申告方法についてご紹介したいと思います!

確定申告で分けられる所得の種類

所得にもさまざまな種類の所得が存在します。
一般的な会社員であれば「給与所得」のみになるかと思います。

・不動産を事業としてやっている場合、「不動産所得」が発生し、
・株取引をしていて配当金を受け取った場合、「配当所得」
・会社を退社した時に大抵もらえる退職金を受け取った場合、「退職所得」
・土地や建物を譲り受けた場合、「譲渡所得」
・その他にも一時所得や雑所得などがありその所得はさまざまです。

この給与所得とは別に所得がある場合、その所得が20万円を超える場合
確定申告が必要になってきます。

確定申告の種類

では申告は何を使って申告をすればよいのか?
白色申告とあ青色申告を聞いたことがあると思います。

その違いは、簡単に説明すると、
一般的には(確定申告が必要になってまだ日が浅い)「白色申告」であるが
徐々に慣れて来て控除額を多く済ませたい場合に使うのが「青色申告」。

青色申告の控除上限は65万円ですが、
65万円を受けるのは難しいようで、白色申告で練習を積み
青色申告に挑戦するのも一つ手かもしれません。