恋人のことをもっと幸せにしたい。
ずっと一緒にいたい。そんな思いを見越して考える先が「結婚」です。

しかし、恋人と夫婦は雲泥の差。
そう簡単には行きません。簡単に考えてはいけません。

「責任」の重みが全く違います。
覚悟を示せるか、覚悟を持てるか、重要です。

結婚までにいくつかクリアしなくてはならない壁があります。
小さい壁ではなく、もっと深い壁についてお伝えしておきます。

恋人の本心を見つめる。

恋人関係と夫婦関係では同じように見えて違います。
結婚を視野に入れたのであれば、「いいところ」ではなく
恋人の「悪いところ」を見つけましょう。

いいところしかない!そんなことはありません。
人間完全ではありません。荒はあります。

悪いところをあえて探します。
探し出したら、その部分を「許容」できるかどうかです。

また、恋人関係の間にその悪い部分を直してもらえるかどうか。
直してもらえたらよし、直してもらえない場合イエローカードです。

ずっと気になって過ごすことになり、
いずれはパンクしてしまいます。

直す方向で話し合いましょう。
我慢してては長続きしません。

恋人の親との関係

かなり重要です。
恋人と上手くいっても親と上手くいかなければ
いずれ破たんしてしまいます。

知らない人が身内になるということは相当の覚悟が必要です。

自分の人生に身内が増えるのだから許さなければいけない範囲も
価値観も見方も180度変えないといけない事態に陥るかもしれません。

そうなった時に柔軟に対応できるか。
問題ない場合、結婚へ向けて真剣に向き合ってよいと思います。

しかし、柔軟に対応できない、
上手くいかない場合はブレーキをかけましょう。
話し合いの末答えを導くべきです。

この先長い人生において、関わりが多くなる人と
上手くいかなければただただ不幸です。

恋人だけでなく、両親もしっかり見つめて
見定めて結婚へのステップを踏んでいきましょう。