生きていくうえで、必ず必要となるのが
「人とのコミュニケーション」です。

言葉や容姿、仕草やボディーランゲージなどそのコミュニケーションの方法は多彩です。

その人を表現する方法は十人十色であり、価値観やこれまでの経験も人それぞれ違います。

そんな中で、人とのコミュニケーションを取る時、緊張して
上手く取れない場合が発生します。

これはあなただけでなく、誰でも一度は経験することです。
今もなお、コミュニケーションの取り方で悩み続ける人がいるほど悩みは尽きません。

少しでもコミュニケーションが楽になるために、
効果的な身体の作り方をご紹介したいと思います。

運動すると体から余計な力が抜ける効果

緊張しやすい人の特徴は、非常にテンションが高く、
敏感で興奮しやすい人が多いとされています。

テンションが高い、興奮しやすい症状は、自律神経のバランスが取れていないことを指します。
自律神経のバランスが取れていないと、すぐに緊張したり汗をかいたりしてしまいます。

そのため、この自律神経のバランスを整えることが緊張しない
上手なコミュニケーションの取り方になります。

自律神経のバランスを整えるには、「運動」することが効果的です。
運動すると疲労により、余計な力が抜け、緊張しにくくなります。
これは、運動によるリラックス効果が働いて、自律神経のバランスを整えようとして
緊張がほぐれる状態になります。

運動することで、リラックス効果が得られ自律神経も整い、
結果、緊張しない身体に作ることができます。

身体を動かしてストレス発散の効果

身体を動かす効果にはもう1つ効果があります。

それは、ストレス発散です。

ストレス発散することで、こちらもリラックス効果が得られると同時に
興奮状態が抑えられ、緊張しない身体を手に入れることができます。

間違っても、人前に立つ前に運動しても効果はなく、
日頃から運動をルーティンで行い、心身ともに整えておくことが大切です。

ストレッチで呼吸を整える効果

内臓、呼吸器系、特に呼吸は身体の細胞を生き生きとするために欠かせないもの。
酸素がなくては、若返りもあり得ません。

身体のストレッチを通して、特に呼吸を整えることで
緊張しない身体を作ることが出来ます。

緊張状態は、筋肉の強張りにより、肺が下に押し下げられ
呼吸しづらい状態になります。

筋肉は伸縮を繰り返して人間の身体の動作を補助します。

ほぐすことで筋肉の強張りは解消できるため、緊張状態になっても
日頃からストレッチなど筋肉の強張りをほぐしておけば、
いざ緊張した時、呼吸がしづらい状態を克服することができます。

緊張しないコミュニケーションを取るための身体作り まとめ

・自律神経を整える運動
・ストレス発散
・呼吸を整えるストレッチ

どれも自宅で簡単にできる身体を作る方法であり、誰でも実践できるものです。

コミュニケーションを取る時、緊張してしまうのには理由があります。
さまざまな方法を試して、緊張しない方法を見つけていくことがおススメです。

ぜひ、実践してみてください。